ブログ

2020.06.15

清住園に鯱(しゃちほこ)がやってきた!!

大きなクレーンに何やら吊られています…

ん!?むむっ!?

あれは…お城のてっぺんでよく見る(・.・;)

「鯱(しゃちほこ)」(;゚Д゚)

清住園に鯱(しゃちほこ)がやってきたー!!

うそのような本当のお話です(笑)清住園の正面玄関前に鎮座されました。

なぜ鯱(しゃちほこ)が??と思われるでしょう。

清住の村に設置されていたものが移設されてきたのです。

姫路市船津町出身の人間国宝である瓦職人:小林平一氏が手掛けられたもので

姫路城、大阪城、松山城、二条城など多数の屋根瓦の修復を手掛けられております。

写真左手の台座には、姫路城主池田家の家紋が彫られており、姫路城の大天守棟にある

鯱瓦と同じものになります。

もともと鯱瓦には火除け、魔除け、災難除けのためと言われているため、

これから清住園を守ってくると思うと頼もしくもあります。

清住園にお越しの際はぜひ一度、間近でご覧いただけたらと思います。

トラックバック

トラックバックURL: